コレステロールは普段の食事で下げることが出来る

男性

食材を選び健康的になる

ストレッチ

血液中の脂肪を抑える

コレステロールには善玉と悪玉があることは、よく知られていると思います。食事や生活習慣によって、悪玉コレステロールを下げることが健康的な生活につながります。悪玉コレステロールを下げる食物には、まず青魚が挙げられます。イワシ、サバ、サンマが代表的です。青魚に多く含まれるEPAやDHAが中性脂肪も下げる働きがあります。大豆にはレジスタントプロテインが多く含まれていて、大豆製品のうち、得に高野豆腐に豊富に含まれています。大豆製品は他にも、決戦をできにくくする納豆など健康的な食事が多いため、積極的に摂りたいものです。果物では、みかんやゆずにコレステロールを下げる働きがあります。白い筋に特に多いペクチンがよく働くので、筋をなるべく食べることがいいです。

健康的な働きがある食物

油の中では、オリーブオイルが代表的です。不飽和脂肪酸の中でも参加しにくいオレイン酸という成分が、善玉は下げずに悪玉コレステロールのみを下げることで知られています。オリーブオイルを摂取する場合の注意点は、あまり加熱しないことです。150度以上に加熱するとトランス脂肪酸という、体に良くない成分が生成されてしまいますので、なるべく生や、高温にならない状態の食事で摂取するといいでしょう。最近注目されているスーパーフードのひとつ、チアシードにも体にいい働きがあります。チアシードとはシソ科の植物であるチアの種ですが、オメガ脂肪酸が豊富に含まれているため、一日の食事に小さじ1杯ほど取り入れると健康的な食生活になります。