ガラス交換でより丈夫なガラスへ!手入れにより空き巣に狙われない
ロゴ

手入れは細かく!防犯性の高めるガラス交換

ガラス交換でより丈夫なガラスへ!手入れにより空き巣に狙われない

男性

窓ガラスはまめに手入れを

窓ガラスの掃除や手入れをするのは、年末などの大掃除時期のみという人も多いですが、ガラスは常に紫外線や雨風に晒されているため、思わぬトラブルが起きやすい部分です。まめに手入れを行うことで、日頃のメンテナンスに繋がり、ヒビや老朽化の早期発見が可能です。また、手入れの行き届いた窓からは防犯意識の高さが伺えるため、空き巣に狙われにくいというメリットもあります。

省エネ効果の高い窓ガラス

近年、様々な場面で省エネに対する興味が高まり、エコガラスへの注目度が増しています。複数のガラスの間に金属の膜を張ることにより、窓からの冷気をシャットアウトしてくれます。また、室内の暖かさが持続するため、冷暖房の使用も減り、節電に効果的です。ガラス張りの構造が多く、冷えやすい東京のオフィスビルなどで多く採用されています。

小さい窓ほど防犯ガラスをつけよう

小さい窓は人の出入りがしにくそうだという理由から、防犯対策を怠りがちです。ですが、ガラスをドライバーなどでこじ破り、隙間から鍵を開けて侵入する空き巣の手口では、小さい窓ほど面積が小さいため狙いやすいです。古いガラスを使用しているならば早めに防犯性の高いものにガラス交換をしてセキュリティの向上に努めましょう。

防音ガラスと防犯ガラスの違いをチェック

割れにくく剥がれない

防犯ガラスの特徴として、割れにくく、ヒビが入ってもガラスが剥がれ落ちないというものがあります。強い衝撃を受けても穴が開かず、侵入経路を作らせないため防犯性が高くなります。

振動を伝えない特殊構造

防音ガラスは、音による空気の振動を外に伝えない特殊構造になっており、東京など住宅密集地での需要が高いです。2枚のガラスの間にある特殊な膜が振動を熱に変えるため、大きい音も室内に留めてくれます。