コレステロールは普段の食事で下げることが出来る

男性

健康に良い

ウエスト

その特徴

コレステロールは細胞膜を作り出したり筋肉を作るホルモンの原材料となるなど、体を作るためには不可欠なものです。そしてそれは善玉と悪玉とがありますが、悪玉はこれらの原材料などを体内に運ぶ役割を持ちます。ただし、あまりにも数が増えてしまうと血管に詰まることになります。そのために、この悪玉のコレステロールを下げる食事を摂る必要があります。この悪玉ですが、中性脂肪が増えると増加する傾向があります。そこで、中性脂肪を減らすことが必要です。そして大切なことは、実はこのコレステロールは食事から生産されるのはわずか2割ということです。ほとんどが体内で、特に肝臓から作り出されていることになります。そこで悪玉を下げるためには肝臓に働く食事が必要となります。

コレステロールを下げるための食事は、実は肝機能を高めるものである必要があります。肝機能が低下すると、悪玉が増えることになるからです。そしてその悪玉を下げるために肝臓に良いとされるのが、タウリンです。タウリンはカキやイカなどの魚介類に豊富に含まれる成分となります。また、食物繊維にも悪玉を直接減らす効果があります。例えば大豆を使ったもの、豆腐などは効果があります。さらにはヨーグルトなどの乳酸菌も悪玉を下げる効果がありますし、そこにリンゴを加えるとさらに効果が高まります。逆にマーガリンや揚げ物などの惣菜は中性脂肪を増やすので注意が必要となります。このように、直接悪玉を減らすと共に、根本から肝機能を良くする食材が必要であることが分かります。