窓は空き巣被害に遭いやすい場所

空き巣が住宅に侵入する際に、経路として窓が多く狙われます。なぜなら、玄関の鍵をこじ開けるよりも人目に付かず簡単で、防犯意識が比較的低い場所だからです。

業者にガラス交換を依頼するときの手順

電話で説明・相談

窓のガラス交換を検討する場合、まずは業者に電話相談をしましょう。ガラスが破損している場合には程度の説明を行い、対応時期や費用の大まかな相談をします。

調査に来て貰う

電話だけでは分からない部分も多くあるため、修理や交換の意思があれば実際に調査に来て貰います。この時、選ぶガラスの種類や交換までにかかる時間など、プロの視点による説明を受けることも可能です。

見積もりを依頼する

ガラス交換にかかる総費用の見積もりを依頼します。予算に合わせて業者を選ぶためには、ガラス1枚の値段や作業費などを細かく算出して貰うことが大切です。

依頼をして作業を開始

見積もり内容に不都合がなければ、ガラス交換の依頼をして、早ければ即日から作業が開始されます。作業後のトラブルを避けるために、アフターフォローの有無は事前に確認しておきましょう。

窓修理やガラス交換を業者に依頼する時には手順や種類をチェック

部屋

防犯ガラスに交換しよう

東京は昼夜問わず人の動きが活発で、その分住宅やオフィスの防犯対策は重要です。古くなったガラスは割れやすく、空き巣被害にも逢いやすいため、早めに防犯ガラスに交換してセキュリティを向上させることが大切です。また、防犯ガラスを使用することで防犯意識も高まり、その他の生活環境にも良い影響を与えやすいというメリットがあります。

気になる紫外線もガラスがカット

太陽の光には家の中を明るくする効果がありますが、窓からは紫外線も共に降り注いでいます。2枚のガラスを貼り合わせ、間に特殊な金属コーティングを施した紫外線カットガラスは、80%以上の紫外線遮断効果があります。日焼けなど、肌の健康に気を使うならば、外出時だけでなく家の中でのケアにも力を入れると良いでしょう。

人気の窓の種類TOP3

no.1

冬場でも暖かさが持続

2枚のガラスを貼り合わせて作られたペアガラスには、高い断熱性が認められています。冷気を遮断し暖かさを持続させるため、節電にも効果的です。

no.2

部屋を明るく広々とさせる

フロート板ガラスは凹凸が少なく、1枚で作られているため、部屋に太陽の光を多く取り入れることが出来ます。大きなガラス板でも比較的安価で、広々とした空間の演出が可能です。

no.3

災害時にも安心

地震などの災害時にも、強化ガラスならば安心です。耐震性が強いため割れにくく、風圧にも強いため高層階でも使用することが出来ます。