コレステロールは普段の食事で下げることが出来る

女性

食材を選び健康的になる

ストレッチ

コレステロールを食事で下げるには、たくさんの方法があります。青魚に多く含まれるEPAやDHA、オリーブオイルに豊富なオレイン酸、チアシードに含まれるオメガ脂肪酸などに、悪玉コレステロールを低下させる働きがあります。

» 詳細へ

値改善とその方法

肥満体型

コレステロール値は、正常値を超えた状態が続くと身体への悪影響があるため、適正値に保つことが重要になる。コレステロールを下げるためには食事が重要となるが、継続が必要となる。その際、サプリメントなどを活用すると無理なく続けられる。

» 詳細へ

健康に良い

ウエスト

体を作るために必要なコレステロールですが、増えすぎると血管が詰まることになります。そこで、悪玉を下げるための食事が必要です。まずその生産を抑えるために肝機能を高める魚介類や大豆を使ったものを摂ることが大事です。

» 詳細へ

食べ物で期待できる効果

ハンバーガー

生活習慣病との関係

コレステロールが高いと様々な生活習慣病になりやすくなると言われています。血液中のコレステロールが高くなることによって血管が詰まり動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞など血管が詰まっておこる病気をひきおこしやすくなります。健康診断などでコレステロールの値がとても高い場合には病院を受診し別の検査も必要になると思いますが、標準の値ぎりぎりの場合には日常生活で注意して様子を見る事になると思います。喫煙などは血管を収縮させて動脈硬化などを促進してしまうのでできる事なら禁煙したほうが良いでしょう。コレステロールは摂取する食べ物によってもだいぶ変わってくるので日々の食事にも注意しコレステロールを下げるような食事を心がけましょう。

効果のある食材

日常生活でコレステロールを下げるために自身で意識できる行動はやはり食事だと思います。高くなってからでも食事によって下げることができるのです。食材では青魚に含まれるDHAが血中悪玉コレステロールを減らす効果があるとして有名です。青魚とはサバやイワシ、サンマなどがあげられます。一日一回は摂取したい食材ではありますが毎日青魚を食べるのはなかなか大変かもしれません。なので他にもコレステロールを下げる食材はあります。えごま油や最近よく耳にするようになったチアシード、オリーブオイル、大豆にも含まれています。あとは豚肉、ヨーグルトなど青魚が食べれない日には他の食材でも下げるような食事を心がける事ができます。